郵送検査

おすすめ郵送検査

郵送検査の可能性

将来の予防医療のデバイスに

ニュースや新聞等でビックデータがビジネスのカギと騒がれているが、医療業界においても、各国で医療情報や病気のビックデータを収集しデータベース化が進んでいる。

遺伝や遺伝子情報、食事や習慣等の環境情報、病気の要因や機序、薬の効果や副作用と様々な情報をデータベース化することが取り組まれている。

それらのデータベースが構築されると病気になるリスクやならない対策、病気にかかった場合の最適な治療や最適な薬等が一早く分かり、重症にならず健康のまま長生きができるような世界が見えてくる。

一人一人に合った医療を提供する、それをマルチオミックス医療やトランスオミックス医療などと言う。

健康な人は病気のリスクがわかり、対策が可能。
病気の人はより副作用のない効果的なお薬が得られ、負担のない生活が送れる。

そんな夢のような世界は程遠くないと見ている。

現に、世界に遅ればせながら日本でもがんゲノム医療が導入してきている。

がんゲノム医療とは、組織や血液を使ってがんに起因する遺伝子を調べ、
その遺伝子あったお薬があるかどうか調べる。遺伝子に合ったお薬が見つかると副作用が最小限に抑えられ、効果的な治療ができるという医療である。

しかし、現在のところ、原因遺伝子が見つかっても日本では未承認のお薬だったり、適応するお薬がないなどでなかなか険しい医療であるが、がんという一つの病気において一人一人に合った医療を提供する一つの事象として大きな一歩とも言える。

こういったことを一つ一つ積み重ねていけば自ずと夢のような世界が現実となる。

そして、新たな課題が出てくる。
例えば、病気のリスクが分かったらどうします?

ずっとたばこやめればいいのか?
ずっと運動しないといけないのか?
野菜や果物を毎日かかさず食べないとダメなのか?

もしくは、病気にかかって最適な治療が見つかりました。

治るまで定期的に病院へいかないといけないのか?
やっぱり入院しないといけないのか?

一人一人に合った医療や健康維持するためにはリスクを評価するだけでなく一人一人に対する要因となる原因を追わないといけないのです。
病気の要因の動向を見るシステムや方法として郵送検査というシステムは非常に有益で現代社会にマッチした一つのデバイスと考えます。

イラスト:様々な生活様式

現在では、検査できる項目が限られていますが、近い未来、一人一人に対する病気の要因の動向が管理できれば、その人がどんな遺伝要因があろうが、どんな食生活や習慣を送ろうがフィルターがかけられるかもしれません。

毎日毎日、せっせと健康に気を使わず、好きな物を、好きな事をある程度できるようになるかもしれないのです。

その人が今より少し自由に、もう少し負担なく生活が送れるように・・・

そんな可能性を秘めたシステムだと思います。

検査の専門家から見た評価

日本では第193回通常国会において、医療法等の⼀部を改正する法律(平成29年法律第57号)が成⽴した。
当サイトに関連部分は下記に示す。
医療機関が自ら実施する検体検査について、品質・精度管理に係る基準を定めるための根拠規定を新設する。(医療法の改正)
これに合わせてブランチラボや衛星検査所に業務委託される検体検査について、精度管理に係る行政指導等の実効性を担保するため、品質・精度管理に係る基準を省令で定める旨を明確化する。(医療法・臨床検査技師等に関する法律の改正)

当サイトで優良郵送検査と推奨した評価方法

イラスト:検査

医療機関で行われる検査と方法には衛生検査所として登録しないといけない。 よって、医療機関と同等かは衛生検査所登録があるかに限る。 また、日々の精度が保たれているか、他の検査と遜色ないか等を判断する上で日本臨床検査技師会が取りまとめてる外部精度管理を始め、ISOCAP等の外部機関の承認があるといけない。
よって、承認機関の有無、承認機関の国際的グレードに限る。

以上のことを該当サイトに記載がなされているかを評価方法とした。
昨年度、医療法改正により、検査における品質・精度管理に係る基準が定められ、病院だけでなく、業務委託される検査センター等にも品質・精度管理が重要との省令が定められた。

検査によって病気の診断や治療を判断するため、検査は不変で品質や精度は厳密に保たれなければならない。逆を言えば、それだけルールを明確化しないと不変ではなくなってしまう存在だということである。医者などの専門家であってもルールを設けないと間違った判断をしてしまうからである。
専門家やプロでも間違ってしまう検査を・・・正しく行われているのかどうかわからない検査を一般の方が検査をして判断できるのでしょうか。
判断して良いものなのでしょうか。

郵送検査においてもさまざまな会社がビジネスにして、最もらしいことを並べて集客を上げようとしています。正しいルールに準じた方法で行っているか。せめて、それを評価・判断できる文言をホームページ等で記載されているか。

当サイト独自で調査し、優良と思える企業や検査のみを紹介させて頂きました。

将来の有効活用できるデバイスとしても、現在、健康に気を使い指標として活用されてる方にも一つの判断材料になればと思います。
また、当サイトをご覧になった企業様においては、当サイトを機にホームページに精度保証の担保をご明記頂ければ幸いです。

※当サイトは、検査販売元、または検査開発元の情報を参考に作成しております。 各検査の精度、有効性等を保証するものではなく、各検査を受けることを推奨しているものではありません。検査を受けられる方は、当サイトのみでなく、その他の情報も参考にして、検査に関する購入をご判断いただくようお願い申し上げます。